MENU
ゆき
1993年生まれ。目が笑わない系主婦(めっちゃ言われる)。

優しくてちょっと気弱な夫と2020年7月生まれ息子の3人家族です。
息子妊娠を機にブログ始めました。

「好きなことの中にも嫌いな部分がある。それも含めて好きでいたいな」そんな気持ちで毎日の「面倒!」を楽しんでいます。
アーカイブ

【童謡】胎教にも!子どもに歌ってあげたい・一緒に歌いたい歌【季節】

こんにちは。ゆきと申します(^^♪

臨月が近づいてきて、今まで以上に胎教を意識することが増えてきました。

「胎教って具体的には何をすればいいのかな?」と最初は悩んだのですが、自分が歌をうたったり本を読んだりすることが好きなので、自然と歌を口ずさんだり絵本を読んだりするようになりました。

胎教について悩んでいた時の記事がこちらです。

今日は私の好きな歌を、童謡を中心にご紹介します。

著作権の関係で歌詞が載せられないものもあり、曲名だけではピンとこない歌もあるかもしれません(^^;

リンクは全てYouTube公式サイトの動画へ飛ぶので、ぜひ聴いてみてください。

「胎教ってどうしたらいいの?」「子どもと一緒に歌える優しい歌ないかな?」とお悩みのあなたへ、ぜひご覧くださいね。

スポンサーリンク
目次

春の歌

思いつくがままにリストアップしてみたらなかなかの数になってしまったので、季節ごとに分けていきたいと思います。

まずは春から(^^♪

「春のうららの隅田川」。春と言えば、というような定番曲ですね。

『荒城の月』などで有名な瀧廉太郎さんが作曲されています。

当時(1900年ごろ)隅田川で流行していた漕艇(ボート競技)の様子が描かれていたり、源氏物語に出てくる和歌から連想された歌詞になっています。

実はこの曲は単体ではなく、『四季』という歌曲集の中の1曲です。

「花」のほかに「納涼」「月」「雪」という3曲からなる曲集なのですが、「花」以外はあまり知られていないようです。

春の小川

この歌も春の歌として有名ですね。文部省唱歌(明治から昭和にかけて文部省が編さんした、当時の教科書に採用された曲の総称)のひとつです。

もともとの歌詞から、教科書の改訂に合わせて2回ほど歌詞も変わっています。

今の教科書も、1回目の改訂後と2回目の改訂後のどちらの歌詞が採用されているかは地域や出版社によって違うそうですよ。

昔の歌ですが優しい言葉で綴られているのでとてもわかりやすく、穏やかな情景が目に浮かびます。

もともとは3番まであったのですが、1回目の改訂で削除されています。綺麗な歌詞なのですが、なぜ消されてしまったのかは分かりませんでした。

3番に「いとしき子ども」という言葉が入っているので、「子どもが歌うのに『いとしき子ども』はちょっと」と考えたのかしら?と私は思っています。

朧月夜

こちらも文部省唱歌のひとつです。音楽の授業で習った方も多いのではないでしょうか。

景色だけでなく音や風の肌ざわりも想像させてくれる歌詞なので、全身で穏やかな春を感じられます。

以前ジャズのコンサートで、この歌のジャズアレンジを聴きました。
 

とっても軽やかな曲調なのに春の穏やかさのイメージが全然崩れなくて、「言葉の力ってすごいなぁ」と感動しました。

夏の歌

夏の暑さを和らげる爽やかな曲を……!と思ったのですが、リストアップしてみたらそうでもありませんでした(笑)

うみ

夏と言えば海!ということで、有名な『うみ』です。

歌詞もわかりやすくメロディも難しくないので、小さい子でも一緒に楽しめそうですね。

ほたるこい

初夏の風物詩、ほたる。ゲンジボタルやヘイケボタルが有名ですね。

『源氏物語』や「平家」を連想する方も多いと思いますが、蛍というと私は清少納言の『枕草子』を思い出します。

「夏は夜 月のころはさらなり……」というやつです。

残念ながら、野生の蛍を見たことは数えるほどしかありません(^^;

いつか子どもと一緒に見ながら歌えたら嬉しいです。

蛍の光

これはよく閉館や閉店の音楽で流れているので、ご存じの方も多いと思います。

でも実は、『蛍の光』とよく似た『別れのワルツ』が流れていることも。

拍子で判別できます。『蛍の光』は4拍子、『別れのワルツ』は3拍子です。

どちらもスコットランドの民謡『オールドラングサイン』を原曲としています。

『蛍の光』は4番まであるのですが、3番と4番は戦争を思い起こさせるとのことで、今は2番までしか歌われないことが多いそうです。

音楽は全てひっくるめて1つの作品だと思うのですが、時代に合わせて変わっていくのは仕方のないことなのかもしれませんね。

蛍の光

別れのワルツ 1956

下のリンクは原曲になった『オールドラングサイン』の演奏動画です。スコットランドの民族衣装である「キルト」を身に着けたバグパイプ隊が演奏しています。

Auld Lang Syne – Czestochowa Pipes & Drums z Królewską Orkiestrą Symfoniczną

言葉が難しいので子ども向けではないかもしれませんが、日本の伝統的な歌ですしメロディラインが綺麗でよく歌っています。

椰子の実

夏かどうかは少し迷いましたが、椰子の実なので情景的には南の島っぽいかな~と思い夏のところに入れました。

でも歌詞は別れや出会いの季節を思い起こさせるので、春でもいいかも?

詩は『破戒』や『夜明け前』などの小説で有名な島崎藤村が執筆しています。

きっかけが思い出せませんが、昔から好きでよく歌っています。

懐かしいような、センチメンタルな気分になります。

秋の歌

どうにも秋っぽいもの哀しい雰囲気の歌ばかりになってしまいました(^^;

でもみんな歌詞やメロディが綺麗で大好きな歌です。

ちいさい秋みつけた

「誰かさんがみつけた」で始まる、秋の定番曲です。

作詞者サトウハチローの、怪我でこもりがちだった幼少期を投影した歌詞と言われています。

ちなみにサトウハチローさんは雛祭りの有名な歌『うれしいひなまつり』の作詞者でもあります。

ちょっと悲しくなってしまう歌詞ですが、詩からイメージできる景色が秋らしくて好きです。

赤とんぼ

こちらも秋と言えば!というような曲ですね。

赤とんぼというと秋の風物詩のイメージがありますが、実は種類によっては6月の終わりから7月くらいに羽化するので、夏にもたくさん飛んでいます。

子どものころに比べて、とんぼに限らず虫を見かけることが減ったので少し寂しいです。

ちなみに、歌はメロディと言葉のイントネーションがなるべく沿うように作られていることが多く、当時(作詞大正10年、作曲昭和2年)は今と言葉のアクセントが違っていたことがわかります。

今は「あかとんぼ」の「かと」が高くなるのが一般的ですが、当時は「あ」を高く発音していたんですね。

これから先もずっと教科書に載っていてほしい1曲です。

紅葉(もみじ)

「秋の夕日に 照る山紅葉」で始まるあの歌です。

音楽の教科書の定番曲ですね。アルトとソプラノで二部合唱にもなっています。

「山のふもとの裾模様」とか、「水の上にも織る錦」とか、なんでこんな綺麗な比喩表現ができるんだろう!と思わずにはいられない大好きな歌です。

子どもと歌えるようになったら、ぜひともアルトとソプラノに分かれて一緒に歌いたいです~(^^♪

冬の歌

雪などの冬らしさを歌っているものも、冬だからこその暖かさを歌っているものもあって、春夏秋冬の中で一番歌詞のバリエーションがある季節じゃないかなと思います。

明るい曲調で子どもも楽しんで歌いやすい曲ですね。

犬は喜び庭駆け回り 猫はこたつで丸くなる」の部分が可愛くて好きなのですが……

猫はこたつで丸くなりません。伸びます!(笑)

わんちゃんは喜ぶのかな……?

こぎつね

もみじが出てくるので季節を迷いましたが、冬の山も出てくるので冬にしました。

子ぎつねの可愛らしい様子が目に浮かびます。

この記事を書くのに少し調べてみて初めて知ったのですが、もともとはドイツの歌なんですね。

『小ぎつね』の原作は『Fuchs, du hast die Gans gestohlen(キツネよ、お前はガチョウを盗んだね)』という題の歌である。ドイツの教育家・オルガニストであったエルンスト・アンシュッツ(de:Ernst Anschütz)によって1824年に発表された作品であり、現在のドイツ語圏でも広く親しまれた歌となっている。

原作の内容は、ガチョウを盗み取ったキツネに対し「ガチョウを返さないと猟師が鉄砲でお前を撃ちに来るぞ」と脅すものである。

引用:Wikipedia公式サイト

まさかこの可愛らしい曲の原題がこんなに物騒なものとは……びっくりです!でも、ドイツの子どもの歌なんだそうですよ。

メロディも(日本語の)歌詞も可愛らしくて、歌っていて楽しくなります。

ペチカ

ペチカ」というのはレンガ作りの暖炉のひとつです。北欧でうまれ、ロシアを経由して日本に入ってきました。

作詞は「あーめあーめ ふーれふーれ かーあさーんがー♪」の『あめふり』や「ゆりかごのうたをカナリヤがうたうよ」の『ゆりかご』を作詞した北原白秋です。

作曲は秋の歌のところで紹介した『赤とんぼ』も手掛けている山田耕筰で、日本における西洋音楽のジャンルで初めて本格的に活動した指揮者でもあります。

暖炉の前にみんなで集まってお話をしている情景が目に浮かぶような、優しい歌詞です。

ちなみに「ペチカ」は、ロシア語の発音にならって「ペーチカ」と歌われています。

【季節外】好きな童謡たち

ここからは季節に関係なく、私の好きな歌をご紹介します。

最後の方は童謡だけでなく、メロディや歌詞が綺麗で子どもに聴かせてあげたいなと思う曲も入っています。

夕焼け小焼け

よく夕方のチャイムで流れていますね。地域によっては『蛍の光』『遠き山に陽は落ちて』だったりして、いろいろあって面白いです。

歌詞は載せられないのですが、2番の小鳥の部分が可愛くて好きです。よかったら聴いてみてくださいね。

あめふりくまのこ

「好きな童謡は?」と聞かれたら秒で答えるのがこちらの『あめふりくまのこ』です。

雨の降る山の中で、流れる小川の中にお魚を探す子ぐまの様子が描かれています。

5番まであるので少し長いですが、絵本を歌にしたような歌詞で本当に可愛いんです!というか実際にこの歌を題材にした絵本があります!

とっても優しいメロディなので、ぜひ聴いてみてくださいね。

おつかいありさん

明るく可愛い歌ですね。適度な歌詞の繰り返しや擬音が楽しく、小さい子も楽しめそうです。

昔よく、母と一緒に頭の上に人差し指で触覚を作って、手遊びしながら歌っていたのを覚えています。

私はよくお腹の中で赤ちゃんが動いているときに、いろんな場所をつんつんしながら歌っています(^^♪

おばけなんてないさ

怖いのが苦手なお子さんにぴったりな歌です。おばけとお友達になっちゃおうかな!なんて歌詞も出てきます。

小学3年生くらいの時に音楽の授業で歌った記憶があるのですが、今も教科書には載っているのでしょうか?

私はまさに怖い話が大の苦手だったので、この歌には助けられました(笑)

やまのおんがくか

色んな動物が出てきて、みんなで楽器を演奏するあの曲です。自分が楽器を趣味にしているので尚更親しみがあります。

『こぎつね』と同じでこれも調べてみて初めて知ったのですが、ドイツの歌が原曲になっているそうです。

ドイツ語原題は「Ich bin ein Musikante(直訳すると「私は音楽家」)」。

歌詞の内容は、シュヴァーベンの音楽家たちがトランペット・ヴァイオリン・ティンパニ・クラリネット・フルート・ピアノ・トライアングル・ファゴット・ドラムといった楽器を演奏することができるというものである。

引用:Wikipedia公式サイト

今度は物騒なものでなくて安心しました(笑)

日本語の歌も、よく知られている『やまのおんがくか』とは別の方が訳した『みんな音楽家』という歌があるそうです。

山の音楽家

【ポケモン公式】童謡「やまのおんがくか」-ポケモンKids TV【こどものうた】

下のリンクが『みんな音楽家』の動画です。検索しても数が出てこなかったので、あんまり有名ではないようですね。

みんな音楽家 山川啓介作詞・ドイツ民謡・若松正司編曲

ねんねんころりよ

有名な子守歌です。昔よく母や祖母に歌ってもらっていたのを覚えています。

子守歌って、昔の子守を任されていた奉公の女性や少女たちの辛い境遇が歌われていたりして、曲調や歌詞がちょっと怖いものも多いんですよね。

そのために、最近はあまり子守歌を歌わないというお話も耳にします。

でも私は、静かなメロディと呼吸に合うテンポ感で落ち着くので好きです。

口伝えだったり地域によって歌詞やメロディが違うので、それも面白いところですね。色んなお家の子守歌を聴いてみたいです。

ねんねんころりよ「 子守唄さん ありがとう 」 NPO法人日本子守唄協会 編著より

上記が昔ながらの「ねんねんころりよ」です。

下のポケモン公式の「ねんねんころりよ」は可愛らしく歌われているので、子守歌が苦手な方でもイメージが変わると思います。ぜひ聴いてみてくださいね。

【ポケモン公式】童謡「ねんねんころりよ」-ポケモン Kids TV【こどものうた】

エーデルワイス

ミュージカル『サウンドオブミュージック』の挿入歌として有名な曲です。

エーデルワイスはスイスの国花で、白くて可愛らしいお花です。

素敵な日本語の歌詞もありますが、ゆっくりで単語も簡単なのでお子さんと一緒に英語で歌うのもおすすめですよ。

作詞作曲は映画音楽なども手掛けていた武満徹さん、歌は歌手の森山良子さんが歌っています。

のびやかなメロディと歌詞が、歌っていてとっても気持ちの良い曲です。

1年半に1回ほど決まったメンバーで小さな演奏会をやる機会があるのですが、必ず最後の曲はこの『翼』を演奏しています。

何度聴いても歌っても飽きない綺麗な曲なので、ぜひ聴いてみてください。

歌の翼に

ドイツの作曲家メンデルスゾーンが作曲した歌曲『6つの歌』の中の1曲です。

門馬直衛津川主一それぞれが和訳した歌詞がよく歌われています。

私は津川主一さんの歌詞の方が親しみがあるのですが、動画を探していたら門馬直衛さんの歌詞の方ばかり出てきたので、主流は門馬さんの方なのかもしれません。

歌詞を載せることができないのが残念ですが、どちらも綺麗な歌詞なので良かったら調べてみてくださいね。

おわりに

ここで紹介したのは、私が特に好きな歌たちです。

厳選したつもりが、思ったより長くなってしまいました(^^;

同じ歌が好きな方がいらっしゃったり、気になる歌がありましたらとっても嬉しいです。

今は1人で口ずさんでいますが、子どもが大きくなったら一緒に歌いたいなぁと今から楽しみです(^^♪

  ゆき>゜)))彡~

スポンサーリンク
よければシェアおねがいします♪

コメント

コメントする

目次
閉じる